Little by Little EVERYDAY

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史(西洋史) レポート返却

<<   作成日時 : 2010/03/21 01:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、西洋史のレポートが返ってきました。

提出から返却まで約1カ月ぐらいですから、結構早いですね。新・統計学といい、ちょっとびっくりです。

肝心の結果は.....





Cでした。がっくしー。 講評欄は[C/C/C/C/B/A/C/A]でした。

コメントは、結構細かくいただきました。

参考文献を丹念に読んでいるが、出来事の羅列ではなく、要因を詳細に論じる必要がある。文章表現は大変整っているが、4000字以内に収めなさい。参考文献の示し方に注意。といった内容でした。

確かに、出来事の羅列になってしまっています。原因は、レポートの構成ミスとレポート課題の理解不足にあると思います。レポートの書き方については、木下是雄『レポートの組み立て方』(ちくま学芸文庫、2008年)を参考にしているのですが、その中で口を酸っぱくして指示されている、「目標規定文(主題文)」の設定がきちんとできていませんでした。レポート課題の文章を、ほぼそのまま主題文にしてしまいました。もっと焦点を絞らなければいけませんでした。

さらに、レポート課題には「...を概観せよ」とあるので、論じるというより、何があったかを書くのね、と理解してしまったのです。しかし、その後ろに「4000字以内で論述しなさい」と書いてあるじゃないですか。

この内容で、しかも文字数も違反していたのに、Cで合格させてもらえたのはラッキーだったのかもしれませんが、とりあえず合格できたからいいや...とは思えないです。しょぼーん。

西洋史は、ワープロ不可なので、ワードで作成した後、何度も推敲して、これでよし!と確認してから、手書きの清書にかかりました。だけど、手書きのほうが脳に刺激がいくのでしょうか、書き写しながら、あれこれと色んな表現がでてきたり、ここは物足りないんじゃないかと感じたり。時間がなかったので、そのまま書き写して投函してしまいました。まぁ、主題文の設定からミスしてるから、書き直したところで内容に大差はなくCに変わりはなかったと思いますが...。

さて、次は科目試験の準備です。テキストの精読が済んでいるので、まとめノートの続きを再開しなければいけません。これまたすっかり頭から抜け落ちているので、少々時間がかかりそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歴史(西洋史) レポート返却 Little by Little EVERYDAY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる